注目の記事 PICK UP!

現代アート投資の魅力とは?現代アートの特徴や投資のポイントについて徹底解説

現代アートは芸術的な価値の高さと投資商品としての価値の高さの2つの側面から大きな注目を集めており、「現代アートを購入して投資に挑戦してみたい」という方は多いのではないでしょうか?

一方で、

  • 現代アートの価値がわかりにくく、どの作品が良いのかわからない、、
  • 現代アートの投資を失敗しないための方法がわからない
  • 現代アートの購入方法や相場を把握できていない

などの観点から購入を見送る方も多いのではないでしょうか?

本記事では上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて

  • 現代アートの特徴
  • アート投資を成功させるためのポイント
  • 現代アートの購入方法

などについて紹介しますので、ぜひご覧ください。

現代アートとは?

現代アートとは、第2次世界大戦以降の美術を指します。

現代アートでは、これまでの常識に囚われない自由な表現方法を用いています。

現代アートのはじまりとされるのが、マルセル・デュシャンが1917年に発表した「泉」という作品です。

この作品は男性用の小便器を横にして、マルセル・デュシャンがサインをしたものです。

当時は「泉」が理解されず、委員会から拒否されることとなりました。

しかし、この作品はこれまでのアートの概念を大きく変え、現代アートが発展するきっかけとなったのです。

現代アートに答えはありません。

アートの鑑賞者が思考して、自分なりの解釈をするものだと考えられています。

また、政治や社会などの問題点を指摘する、メッセージ性の強い作品を作るアーティストもいます。

無限の表現方法があり、枠にとらわれないものが現代アートだといえるでしょう。

従来のアートは鑑賞するだけの受動的なものだったけど、現代アートは自分で考える能動的なものなんだね!人によって解釈が異なるのが、現代アートの面白さなんだね!

現代アート投資の魅力とは?

現代アートの魅力には、下記の5つがあります。

  • アート作品の価値が下がりにくい
  • 価値の上昇により高く売却できる可能性がある
  • 節税としても効果がある
  • 趣味としても楽しめる
  • アーテイストを応援できる

それぞれの魅力について、順番に見ていきましょう。

アート作品の価値が下がりにくい

金融資産は社会情勢や世界経済の状況によって、価値が変動するケースが多いです。

たとえば世界的な不景気となると、貨幣価値の下落や株価の暴落などが引き起こされます。

一方のアート作品は実物資産のため、社会情勢や世界経済が不安定な状況であっても、安定した価値を保ちやすいです。

また、アート作品は希少性が高いこともあり、大きく価値が下がるケースは少ないです。

アート作品は投資リスクが低いのがメリットだね!安全資産として購入する投資家も多くいるよ!

価値の上昇により高く売却できる可能性がある

現代アートは時間の経過により、少しずつ価値が高まっていく傾向があります。

知名度の低かったアーテイストが有名になると、すでに発表されている現代アートの価値が上昇していきます。

過去の事例を見てみると、株式会社ZOZOの創業者である前澤友作氏は、2016年に「Untitled」をおよそ62億円で落札しました。

購入から6年後、「Untitled」をオークションハウス・フィリップスに再出品した際は、およそ112億円もの落札額となりました。

「Untitled」を保管していた6年間で、およそ50億円も値上がりしたのです。

「Untitled」の事例とはいかないまでも、数年間で価値が上昇している現代アートは多くあります。

適切な現代アートを購入すれば、十分な利益を出せる可能性があるのです。

もちろん価値が上昇しないこともあるよ。現代アート投資は投資手法のひとつだから、リスクについての十分な理解が必要だね。

節税としても効果がある

現代アートの購入費用は、経費としての計上が可能です。

取得金額が100万円未満の現代アートを購入すると、減価償却資産となります。

事業用として購入することが条件となりますが、8年にわたって費用計上が可能です。

また中小企業や個人事業主が現代アートを購入した場合、取得金額が30万円未満であれば、全額を経費計上できます。(年間300万円が限度)

現代アートを楽しみつつ節税ができるのは、現代アート投資の大きなメリットであるといえるでしょう。

取得金額が100万円以上の現代アートを購入すると、非減価償却資産になるよ。詳しくは国税庁の公式サイトで確認してね。

趣味としても楽しめる

現代アートを購入して飾れば、気軽に芸術鑑賞ができます。

美術館に行かなくても自宅で現代美術を楽しめるのは、現代アート投資の魅力のひとつだといえるでしょう。

価値が上昇するまでの間は、見て楽しめるね!現代アート投資がきっかけで、現代アートが好きになるかもしれないね!

アーテイストを応援できる

アーティストがよりよい作品を作るためにも、お金は必要です。

現代アートを購入すれば、アーティストの応援につながります。

また、現代アートが売れることで、アーティストの自信にもなります。

アーティストの成長が感じられれば「投資してよかった」と実感できるでしょう。

現代アート投資には、ほかの投資とは違う楽しみ方ができるね!アーティストが有名になれば購入した現代アートの価値も高まるから、いいこと尽くめだね!

現代アート投資の注意点とは?

現代アート投資には多くのメリットがあります。

しかし、知っておくべき注意点もあるので、必ず確認しておきましょう。

現代アート投資の注意点は、下記の2つがあります。

  • 短期の投資では利益がでづらい
  • 保管が難しい

短期の投資では利益がでづらい

現代アートは、発表されてからすぐに評価されるわけではありません。

時間をかけて、少しずつ価値が上昇する現代アートが多いです。

先述した「Untitled」も、6年をかけておよそ50億円値上がりしました。

購入してからすぐに利益を出すことはむずかしいでしょう。

現代アート投資は長期投資が基本だよ!何年も保管することを考えて、資金計画を立てようね!

保管が難しい

現代アートは購入後、保管に気を遣う必要があります。

たとえば現代アートを日当たりのよい場所に飾った場合、色褪せてしまうおそれがあります。

現代アートの価値を下げないためにも、適切な保管場所や保管方法を選ぶようにしましょう。

現代アートは購入してから数年は売却しないケースが多いよ。売却までの期間、どのように保管するのかを考えてから購入しようね!

現代アートの購入方法

現代アートの購入方法には、下記の3つがあります。

  • ギャラリー
  • オークション
  • 共同購入

ひとつずつ解説していきます。

ギャラリー

ギャラリーは現代アートが発表された際、はじめて出品される場所です。

「プライマリーマーケット」とも呼ばれています。

ギャラリーではオークションよりも、比較的安く購入できるケースが多いです。

また、現代アートを直接確認できるため、価値の高まりそうなアート作品を選定しやすい点がメリットだといえます。

ただし、購入実績やコネクションなどが重視されるため、初心者にはむずかしいです。

無名のアーティストであれば、ギャラリーでも購入しやすいです。

人気の高いアーティストの現代アートをギャラリーで購入するのは、なかなかむずかしいね。ただ、無名アーティストの現代アートが評価されれば、かなりの利益を得られるかもしれないよ!

オークション

有名なアーティストの現代アートを購入したいのであれば、オークションがおすすめです。

オークションには知名度の高い現代アートが出品されているケースも多く、世界中のコレクターや投資家が集います。

なお、オークションは2次販売がおこなわれることから「セカンダリーマーケット」と呼ばれています。

オークションには、ある程度知られている現代アートが出品されることから、価値のあるアート作品を購入できます。

そのため値下がりはしにくく、大きな損失となる心配は少ないでしょう。

しかし、オークションは資金の多い投資家たちが参入しており、落札額が高くなりやすいです。

ある程度の資金がなければ、オークションでの取引はむずかしいでしょう。

インターネットオークションを利用すれば、オークション会場に足を運ぶ必要がないよ!どのような現代アートが出品されているのか、価格帯はいくらくらいなのか、などを調べてみよう!

共同購入

現代アートの購入には、ある程度の資金が必要です。

しかし、共同購入を利用すれば、少額で現代アートを所有できます。

共同購入とは、複数名でひとつの現代アートを購入する方法です。

数千円から数万円程度で、現代アートの所有権を得られます。

現代アートの所有権は売買が可能です。

必要に応じて取引ができる点がメリットです。

しかし、共同購入では現代アートを自宅に持ち運べません。

芸術鑑賞を楽しみたい方は、別の方法で現代アートを用意する必要があります。

共同購入を利用すれば、少額でも現代アート投資をはじめられるね!資金が増えた段階で、実物資産を購入してもよさそうだね!

現代アート投資を成功させるためのコツ

現代アート投資は失敗する可能性があります。

現代アート投資を成功させるためにも、下記の4つのコツをおさえておきましょう。

  • 情報収集を行う
  • 適切に管理して長期間保有する
  • 現代アートに触れる機会を増やす
  • 無理な予算を組まない

情報収集を行う

現代アート投資で成功するためには、情報収集は欠かせません。

どのアーテイストが注目されているのか、トレンドは何か、などを把握しておく必要があります。

「この現代アートは価値が高くなりそうだ」と感覚で購入する方法は不確実であり、おすすめできません。

冷静にデータを収集して、最新情報を逃がさないようにしましょう。

芸術は直観や感覚が重視されると思われがちだけど、現代アート投資では違うんだね。冷静なデータ分析を心がけて、情報収集を行ってみよう!

適切に管理して長期間保有する

現代アートは適切に管理をしなければ、劣化が進んでしまいます。

せっかく価値のある現代アートを保有していたとしても、劣化してしまうと価値が下がってしまい、高く売却できなくなる可能性があります。

購入する現代アートにあった保管方法を選択して、価値が上昇するまで待ちましょう。

どのような管理方法が適切なのかは、現代アートによって異なるよ。もし心配なら、美術品の保管サービスを利用してみよう!

現代アートに触れる機会を増やす

現代アート投資では情報収集が重要ですが、目利き力を養うことも大切です。

そのためには、多くの現代アートに触れることが近道となります。

ギャラリーに足を運んでみたり、オークションに参加したりして、現代アートの知識を増やしていきましょう。

せっかく現代アート投資をするのであれば、楽しんだほうがいいよね!好みの現代アートを探してみるのもおすすめだよ!

無理な予算を組まない

オークションに参加した際、落札したい現代アートの落札額が吊り上がることもあるでしょう。

ここで重要なのは、予算を超えた場合は落札しないことです。

現代アート投資では、短期間での売却をほとんどおこないません。

現代アートの時間をかけて価値が高まる特性を活かすため、数年間は保管しておきます。

もし予算を超えた現代アートを落札してしまうと、資金繰りが苦しくなる可能性が高まります。

無理な予算を組まず、余裕資金で現代アート投資をしましょう。

諦めることも投資テクニックのひとつだよ。失敗しなければチャンスがやってくるから、無理は禁物だね!

まとめ

既成概念に囚われない現代アートに投資をする方法が、現代アート投資です。

現代アートは値崩れがしにくく、節税効果が期待できます。

また、高く売却できることもあるため、投資対象としてポートフォリオに組み入れる投資家が増えています。

ただし、短期売買には向いておらず、購入してから数年ほど保管するケースも珍しくありません。

また、適切な保管をしなければ劣化が進んでしまい、価値が下がる可能性があります。

現代アート投資の特徴やポイントをおさえておけば、リスクをおさえた投資が可能です。

本記事を参考にして、現代アート投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トレクーの紹介

現代アートを購入すると、数年間保管するケースが一般的です。

短期的に利益が出る投資方法ではないため、ほかの投資にチャレンジしたい方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたい投資がトレクーです。

トレクーは特典が付いているNFTです。

たとえば「トレクー・猛者たちの宴」を対象店舗で提示すると、ハイボールが一杯無料となります。

トレクーハンターは無料でダウンロードが可能です。

ほかにもお得なNFTが獲得できるので、この機会にトレクーハンターをプレイしてみませんか。

トレクーハンターの公式サイトはこちらから

https://tracouhunter.com

関連記事

  1. 絵画投資の魅力を徹底解説!おすすめの購入方法や絵画を選ぶ方法を紹介!

    絵画投資の魅力を徹底解説!おすすめの購入方法や絵画を選ぶ方法を紹介!

  2. NFT投資を始めたい方必見!NFT投資のやり方や具体的な流れを解説

    NFT投資を始めたい方必見!NFT投資のやり方や具体的な流れを解説

  3. アート投資で失敗するパターンとは?やってはいけないことと成功のためのポイントを紹介

  4. 金投資の利回りはどれくらい?金投資の魅力やデメリットについて解説!

  5. 【2024年最新】フェラーリ投資のメリット/デメリットと高く売るコツを徹底解説

    【2024年最新】フェラーリ投資のメリット/デメリットと高く売るコツを徹底解説

  6. 【2024年最新】ワイン投資のメリット、デメリットや購入方法について徹底解説!

    【2024年最新】ワイン投資のメリット、デメリットや購入方法について徹底解説!

  7. 【2024年最新】NFT投資の魅力や始める際の注意点について徹底解説!

  8. 時計投資の魅力やおすすめのブランドについて解説!

    時計投資の魅力やおすすめのブランドについて解説!

PAGE TOP