注目の記事 PICK UP!

夏の電気代に悩んでいる方必見!夏に電気代を節約するための方法を徹底解説

夏の電気代に悩んでいる方必見!夏に電気代を節約するための方法を徹底解説

夏が近づいて熱くなるにつれて、

  • 夏はエアコンなどで電気代が高くなってしまう、、
  • 快適に夏をすごしたいけど、電気代も節約したい、、、
  • 他の家庭に比べて自分の家の電気代は高すぎるのでは?

とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

本記事では、上記のような悩みをお持ちの方に、

  • 夏におすすめの節約方法
  • 夏の電気代の平均値

などについて詳細に解説します。

電気代を安くするためのテクニックを多数掲載していますので、ぜひ最後までご覧ください。

夏の電気代の平均は?

夏は1年を通して、電気代が高くなる時期だといわれています。

では、夏の電気代の平均はいくらでしょうか。

2023年7月から9月までの電気代を見ていきましょう。

下記の表で記載しているのは、1か月当たりの電気代となります。

世帯分類電気代
2人以上9,885円
2人以上の世帯のうち勤労者世帯9,622円
2人以上の世帯のうち勤労者以外の世帯10,191円
2人以上の世帯のうち無職世帯9,774円

出典:政府統計の総合窓口

世帯分類によって多少の増減はあるものの、1か月当たり1万円前後の電気代がかかっていることがわかります。

夏の電気代は高いと思っていたけど、1万円近くかかっていたんだね!電気代は家計への負担が大きいから、節約しないとね!

夏の電気代が高い理由はエアコン

夏の電気代が高い理由はエアコンにあります。

夏場では、家庭における電力消費割合の3割以上をエアコンが占めています。

つまり、エアコンを節電できれば、電気代の大きな節約効果が期待できるのです。

夏の電力消費割合を表にまとめました。

家電製品電力消費割合
エアコン34.2%
冷蔵庫17.8%
証明9.6%
炊事6.5%
給湯6.1%
待機電力6.0%
テレビ・DVD4.6%
洗濯機・乾燥器2.3%
パソコン・ルーター1.0%
温水便座0.5%
その他11.2%

出典:経済産業省 資源エネルギー庁

エアコンはこんなにも電力を消費するんだね!だけど、エアコンがないと快適に過ごせないから、適切な節約方法を知っておく必要があるね!

エアコンの電気代を節約する方法

エアコンの電気代を節約する方法は、下記の7つがあります。

  • フィルターを掃除する
  • 日差しを遮る
  • 電源を頻繁に消さない
  • 扇風機を活用する
  • 自動運転に設定する
  • 室内を冷やしすぎない
  • 室外機の周りにものを置かない

どれも本日から簡単にできる方法なので、ぜひ実践してみてください。

フィルターを掃除する

エアコンを使っていると、徐々にフィルターが目詰まりしていきます。

フィルターが目詰まりした状態でエアコンを使うと、より多くの電力を消費するため、定期的に掃除をしましょう。

フィルターを掃除する頻度は、月に1回から2回程度です。

また、夏になる前にフィルターを掃除する方法も有効です。

エアコンのフィルターを掃除すると、5%から10%の節電になるよ!フィルターの掃除は時間がかからないから、定期的にやっておこうね!

日差しを遮る

室内の温度が高くなると、部屋を冷やすためにエアコンはより稼動します。

その分、消費電力が増えるので、日差しを遮って室内温度を上げない方法が効果的です。

たとえば、保冷効果を高める断熱カーテンを購入する、すだれを軒先に吊るすなどの方法があります。

また、庭があればゴーヤを育てて緑のカーテンを作ってもよいでしょう。

ゴーヤの葉から出る水蒸気により、涼しい風を室内に運んでくれます。

ゴーヤは育つと食べられるよ!電気代と食費の節約につながるから、一石二鳥だね!

電源を頻繁に消さない

エアコンで電気代がもっともかかるのは、起動したときです。

電源を頻繁に消すと電気代がかかるため、一度つけたらできるだけ消さないようにしましょう。

もし2時間以上外出するのであれば、エアコンを消したほうが節約になるよ!就寝時もタイマーを上手く使うと、節約につながるね!

扇風機を活用する

冷気は足元に溜まりやすい性質があります。

そこで扇風機を使って空気を循環させれば、部屋の温度を一定に保ちやすくなるので、電気代を節約できます。

また扇風機の風に当たることで、涼しさを感じる点もメリットです。

コンパクトなサーキュレーターを使ってもいいね!扇風機とサーキュレーターの電気代は安いから、家計の負担になりにくいよ。

自動運転に設定する

エアコンにはさまざまな運転設定があります。

電気代の節約に効果があるのは自動運転です。

自動運転に設定すると、エアコンが室温に合わせて自動的に温度調整をします。

「電気代の節約には弱運転が有効だ」と信じている方は多いでしょう。

しかし、弱運転は設定温度になるまでに、多くの電力を消費するおそれがあります。

結果的に、より多くの電気代がかかることになってしまうのです。

自動運転は優秀だね!電気代を節約するためにも、エアコンを起動したあとは自動運転に設定しておこうね。

室内を冷やしすぎない

外気温と室内温度の差が開いていると、部屋を冷やすためにより多くの電力を使います。

室内の設定温度を高くすると、電力の消費をおさえられるので節約となります。

設定温度の目安は28度です。

もし28度でも暑く感じるのであれば、1度ずつ設定温度を下げてみましょう。

室内にいても熱中症になるリスクがあるよ。我慢をしすぎないように気をつけてね!

室外機の周りにものを置かない

室外機の周りにものを置くと、空気の流れがさまたげられます。

暑い空気が逃げずにいると、室外機が十分に冷却されないことから、エアコンの冷却効率が悪化してしまいます。

そのため、部屋を涼しくしようと多くの電力を消費することとなり、電気代が高くなるのです。

室外機の周りには、できるだけものを置かないようにしましょう。

室外機が見えている状態だと、異常を発見しやすくなるね!もし室外機にほこりやゴミが溜まっていたら、掃除をしてきれいにしよう!

エアコン以外で節約する方法

エアコンの節電に成功すれば、電気代の節約につながります。

さらに電気代を節約したいのであれば、エアコン以外の電気機器も節電しましょう。

エアコン以外で節約する方法は、下記の6つがあります。

  • 冷蔵庫の設定を見直す
  • 炊飯器の保温を使わない
  • 電源をこまめに消す
  • 省エネ家電に変える
  • 電気のアンペア数を下げる
  • 契約する電気会社を見直す

冷蔵庫の設定を見直す

冷蔵庫の設定温度を確認してみましょう。

設定温度を「強」から「中」に変更した場合、年間で2,000円ほどの節約効果が期待できます。

設定温度は、温度調整ダイヤルやタッチパネルなどで調整可能です。

また、冷蔵庫内にものを詰め込みすぎない、冷蔵庫を壁から離す方法も節電効果が期待できます。

冷蔵庫は、エアコンに次いで夏の電力消費割合の高い家電製品だよ。夏の電気代をおさえるためにも、冷蔵庫の節電はやっておこうね!

炊飯器の保温を使わない

炊飯器の保温機能を使うと、炊飯器内を一定の温度に保つために電力を消費します。

保温時間が長くなるほど総電力消費量も増加するため、保温機能を使わなければ節電につながります。

炊きあがったご飯は、冷蔵保温がおすすめです。

十分に冷めたご飯をタッパーに入れて冷蔵庫に入れておくと、1日から2日ほど保存できます。

ご飯を食べるときは電子レンジで加熱すれば、美味しく食べられます。

冷凍庫なら1か月程度保存できるよ!ご飯を何度も焚く手間も省けるし、時短になるね!

電源をこまめに消す

家電製品は使わなくても、通電している状態であれば電力を消費します。

この通電していて使わない電力を待機電力と呼び、夏の電力消費割合の6%を占めます。

家電製品を使わないのであれば、電源をこまめに消しましょう。

また、スイッチ付き電源タップを使っている方は、必要なときだけオンにすると節約につながります。

電源を切ると影響が出る家電製品には要注意だね。たとえば無線LANルーターやエアコンなどは、電源を切らないほうがいいよ!

省エネ家電に変える

近年では、電力消費量の少ない家電製品が増えています。

省エネ家電は従来の電化製品と同等の性能でありながらも、電気代の節約につながる優れものです。

たとえば省エネエアコンの場合、人感センサーやフィルター自動洗浄機能などが搭載されています。

省エネ機能がついている省エネ家電を使えば、簡単に節電ができるのです。

省エネ家電が高くて買えないのであれば、証明をLEDに変更するといいよ!LEDは1個当たり数百円で買えるから、少しずつ節約を進めていきたい人におすすめだね!

電気のアンペア数を下げる

アンペア制で電気料金が決まるプランに契約している場合、アンペア数を下げることで節約につながる可能性があります。

アンペア制では、アンペア数によって基本料金が異なります。

たとえば、40アンペアで契約しているとしましょう。

この契約を30アンペアに変更すると、基本料金が下がります。

1か月当たり500円安くなるのであれば、年間で6,000円もの節約となります。

アンペア数を下げると、使える電力量が少なくなるよ。同じタイミングで複数の家電製品を使った場合、ブレーカーが落ちやすくなるから、変更の際はしっかりと確認しておこうね!

契約する電気会社を見直す

電力自由化により、契約できる電気会社を自分で選べるようになりました。

電気会社によってプランの特徴が異なるため、生活スタイルや居住人数に合わせて選択するとよいでしょう。

また、電気とガスをセットで契約すれば、料金が安くなる会社もあります。

気になる会社を比較・検討してみることをおすすめします。

電気会社の公式サイトには、電気料金シミュレーションがあるよ!簡単に電気料金の試算ができるから、一度計算してみるといいね!

まとめ

夏は暑さ対策のために、エアコンを使う機会が増えます。

エアコンは電力消費量が多いため、必然的に電気代は高くなりやすいです。

夏の電気代を下げるためにも、まずはエアコンの節電対策を実施してみましょう。

フィルターを掃除することや、室外機の周りにものを置かないことなどを実践すれば、電気代が安くなります。

また、冷蔵庫の設定を見直す方法や、炊飯器の保温を使わない方法なども有効です。

本記事で解説した内容を参考にして、夏の電気代を節約してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【高還元】ガソリン代を大幅に割引できるおすすめクレジットカードを紹介!

  2. エアコンの節約に最適な温度設定とは?節約のコツについても徹底解説!

    エアコンの節約に最適な温度設定とは?節約のコツについても徹底解説!

  3. 【2024年】お得に使えるクーポンアプリの選び方と、おすすめアプリを紹介

    【2024年】お得に使えるクーポンアプリの選び方と、おすすめアプリを紹介

  4. 夏にお得に旅行を楽しむ方法とは?旅行で使える節約方法について紹介!

    夏にお得に旅行を楽しむ方法とは?旅行で使える節約方法について紹介!

  5. コンビニでお得にポイント還元を使う方法とは?おすすめのクレジットカードも紹介!

  6. 【2024年版】Apple製品を安く買える方法を徹底解説!整備済み品やポイント還元、学割について紹介

    【2024年版】Apple製品を安く買える方法を徹底解説!整備済み品やポイント還元、学割について紹介…

  7. ガス代を節約したい人必見!場面ごとの節約方法や平均的なガス代について徹底解説

    ガス代を節約したい人必見!場面ごとの節約方法や平均的なガス代について徹底解説

  8. 【学生必見】学割を利用してipadを安く買う方法を徹底解説

PAGE TOP